FC2ブログ
2019.12.05 高菜ラーメン
毎年鹿児島から高菜を直送してもらい塩のみで漬けます。
無添加の高菜漬けというのは市販品ではどこにも無いからです。

jx59.jpg

九州出身者にこれを出すと大喜びをしますが、実際に長崎人は
目の前で涙ぐみました。

添加物の入ったモノでは故郷や母親を思い出す信号には
なりえないようです。

これをこのまま白ご飯にくるむと「高菜おにぎり」となり
三重県では「めはりずし」となります。
jx55.jpg

ご飯にとても合います。
主食のコメに合うという事はラーメンにも合うわけです。

今回はこれをテーマにします。
高菜になじみの強い地域ではこのまま乗せて「高菜ラーメン」で
通用しますが富山ではやや貧弱に見えるようです。

そこでひき肉、イカゲソ、各種野菜などと炒めて具材とします。
端麗醤油スープに「フクラギの煮干し」のダシを合わせてWスープにし

jv9.jpg jv8.jpg jx65.jpg


細麺を入れたら
レタスを敷き具材を乗せて完成です。

jx51.jpg

別皿にはペルーの唐辛子「アヒアマリージョ」の柚子胡椒を
御用意しました。
辛味は少なく、香りが際立っています。
jx54.jpg

jx50.jpg


もちろん、激辛好きさんにはいつもの焼き唐辛子もありますから
ご用命ください。

期間限定「高菜ラーメン」  850円
土日祝を除く平日のみ、 昼夜OK
麺の追加一玉  200円

本日12/05(木) 午後の部よりスタート
12/16(月)までの7日間の予定です。
jx61.jpg


なお、
今年も例年通り繁忙期を迎える前に終了しますので 
これが最終便となります。
悪しからずご了承ください。



ツヨク想う





スポンサーサイト



しばらく休止させて頂いておりました「釜焼きチャーシュー」を
再開させていただきます。

真空パック詰めにして
一袋600円~1,300円程度の大きさになります。

ご存じのお客様も多いかとは思いますが、
当店のレギュラーメニューの「ラーメン」に乗っているチャーシューではありません。
あれは当店のラーメンにのみ特化したものでして
チャーハンに入れても、そのまま酒肴にしても合いません。

ましてや普通のラーメンになど入れようものなら
台無しにしてしまうほどの破壊力があります。
ですから販売はできないのです。

ところがこの「釜焼きチャーシュー」は赤身の部位なら
薄く切ってそのまま酒肴にも、サラダや和え物にも
また、脂身の部位ならばどんなラーメンに乗せてもマッチします。

横浜の中華街や全国の一流ホテルの中国料理店で出している
赤い色のついた焼き豚と同じ製法で仕込んでいるものです。
当店では着色料を嫌って色は付けていないだけなのです。

お正月のおせちにも中華料理バージョンでは必ず入っているはずです。
年末のギフトなどでも見かけますね。
しかも私から見ればかなり法外な値付けがされています。

当店で出しているのは「煮豚」。
今ではどれも一様に「チャーシュー」と呼ばれますが
これは叉焼(チャーシュー)という文字が元です。

叉(サ、シャ)というのは大きなフォークのような器具のことで
肉を突き刺して釜に吊り下げる時に使います。
それで下から炙り、余分な脂を落として仕上げたものが
釜焼き叉焼(チャーシュー)というわけです。

真空パックになっていますから保存が効きます。
冷蔵でも持ちますが冷凍保存すればさらに持ちます。

皆様の年末年始のお役に立てれば幸いです。

jx47.jpg

jx45.jpg





君に出来る事 島田歌穂